ここが気になる!自動車保険料:等級

}PgžxQ通常、自動車保険を契約するとノンフリート等級別料率制度を採用していることで、契約・更新時においての階層によって保険料に違いが生じることとなります。このノンフリートというのは、9台以下の場合の契約のことを言い、個人による契約はほとんどがこれに該当することとなります。

一方、10台以上の自動車の保有している場合などの法人等の契約ではフリート契約が多いです。自動車保険を契約すると、自動車保険料の支払いを負担する必要が生じます。ただその保険料の額は契約者本人によって違いが生じますが、その違いは等級という階級によって生じます。

そして通常、無事故状態であれば、その階級が上昇していき、上昇すればするほど保険料の割引を受けることが出来る恩恵を受けます。ただ事故等を引き起こせば、その階級が引き下げられ、当然保険料が高くなります。

等級の階級については、1~20級までの階級があり、上位になればなるほど割引を受けられる金額が多くなり、それが保険料にも反映されることとなります。そして新規に保険に入ると6階層目からスタートして、一年更新される毎に前年が無事故であれば、1階級ずつ上昇をしていく仕組みになります。

近年は、制度の改定が行なわれたことによって、事故有や事故無でも同じ階級でも料率が違ってくることなりました。